洞杉

自転車で魚津市の洞杉を見に行ってきました
魚津市の観光サイトによると「洞杉は主幹の幹周が1,560cmあり、樹種別の巨木”杉単体”部門で新潟県の将軍杉(1,931cm)、鹿児島県の縄文杉(1,610cm)についで3番目の巨木となっています」とのこと

5月初旬に一度見に行ったのですが雪が多く残っており自転車では無理でした
8月に入ったのでさすがに雪はもうないだろうと再訪です

道順は実に簡単、魚津駅前の通りをひたすらまっすぐに進むだけ2時間もあれば着きます
東山円筒分水槽
1ヶ所だけ寄り道しました「東山円筒分水槽」です
日本一美しい円筒分水槽とも呼ばれているらしいです
川
前日雨だったせいか川の水流が強いです

洞杉の分岐地点です(左は水がひどく右の回り道の方がお勧め)
分岐点5月
5月はこのようなひどい状態で断念

今回はこの状態(わずか3ヶ月前で同じ場所とは思えませんね)
分岐点8月
自転車的には洗い越しが厳しかったですが行けなくもなかったです
洞杉到着
やっとで到着しました
案内図
案内図、やはり「最大洞杉」を見たくなります
自転車を置いて観察道を通ります

こちらが最大洞杉、一般にイメージする杉とは違い幹がすごいことになっています
最大洞杉の幹

川の横を通ると天然のクーラーのように涼しく気持ちが良いです
天然のクーラー
帰りは下りなのであっという間です

カテゴリー

最近の記事

お問い合せフォームはこちら

お電話によるお問い合せ TEL:076-481-9210

〒939-8204 富山県富山市根塚町1丁目2-5 BNKビル3

事務所についてはこちら